■邦楽部定期演奏会
 12月9日(土)、第50回邦楽演奏会が山口県教育会館で開催されました。 

 この演奏会は山大邦楽部が主催するもので今年で50回の節目を迎えました。これを記念して今年は山大邦楽部OBの方が作曲した「一の坂春秋」が披露されるなど見所満載の演奏会を取材しました。


会場入り口にあるパネルには邦楽部の活動紹介や写真が展示されていました。
部長の潮見さんによる開演のあいさつです。
プログラム最初は「六段の調べ」です。1年生による演奏が始まりました。

箏、十七絃、三絃、尺八による「万華鏡」の合奏は華やかでくるくると変わる万華鏡の様に引き込まれそうな曲です!
「上州物語」では楽器の数が増え、穏やかな音色に深みが増したように感じました。
「菊日和」では三絃と尺八による演奏は最初は古典的な雰囲気、あとから現代風なメロディーに変化していきます♪
   
「奏鳴」で着物を着て演奏していたのは四年生です。箏の強い響きと息のあった演奏に圧倒されました! 勢いのある「ソーランスケルツォ」はソーラン節をテーマにした箏曲で特に尺八の音色が美しい演奏でした。
演奏会の締めくくりは第50回記念委嘱曲「一の坂春秋」です。作曲者で邦楽部OBでもある小野木さんも飛び入りで参加されていました!

今日のために作曲された「一の坂春秋」は山口市中心部を流れる一の坂川の川の流れを表現しています。演奏後、大きな拍手が起こりました。
演奏会終了後、観覧した人たちのお見送りをする邦楽部の学生達。観に来た人は笑顔で帰って行きました。 最後はOB、OGも参加して部員全員で記念撮影です。
邦楽部の皆さん、お疲れ様でした!
   〜編集後記〜

こんにちは!広報学生スタッフのS.Kです。今回の定期演奏会は50回という記念すべき年であり、「一の坂春秋」の演奏は印象に残るメロディーとOB参加による迫力ある合奏でした!!皆さんの日ごろの練習の成果が発揮された華やかな演奏でとても楽しかったです!



▼学生団体・サークル一覧
まっすぐ!学生・サークル団体