本文へスキップ

日本学術会議in山口 公開講演会



 近年の人工知能(AI)関連技術の進展はめざましく、社会課題の解決への積極的な活用が期待されます。政府は、AI利活用の環境整備・万策を、AI戦略として提示しています。地方において、これらをどのように展開し、実効化していけばよいか、その方向性や課題を、教育や科学の役割を中心に議論します。

開催日:
※開催見送り 2020年3月21日(土)12:50~(開場12:15~)
会 場:山口大学共通教育講義棟1番教室
主 催:日本学術会議
共 催:山口大学
後 援:山口県、宇部市、山口市、美祢市、周防大島町、長門市、防府市、萩市
    (順不同)
定 員:400名
参加費:無料
参加申し込み:「参加申し込みフォーム」より、3月16日(月)までにお申し込み下さい。

問い合わせ先:山口大学学術研究部研究推進課
       TEL:083-933-5011 FAX:083-933-5810
       E-mail:kenkyu@yamaguchi-u.ac.jp

                

プログラム


 
  山極 壽一   日本学術会議会長、京都大学総長
  岡 正朗    山口大学長

 
 「政府のAI戦略について」
  佐藤 文一   内閣府大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当)

 「大学におけるデータサイエンス教育と地域との連携」
  松野 浩嗣   山口大学大学院創成科学研究科教授

 「Society5.0の推進に向けた山口県の取組について」
  北村 敏克   山口県総合企画部長

 「AI医学研究教育-AISMEC:AIシステム医学医療研究教育センターの取組み」
  浅井 義之   山口大学大学院医学系研究科教授

 「AIの防災への活用-応用衛星リモートセンシング研究センターの取組み」
  長井 正彦   山口大学大学院創成科学研究科准教授

 「AIを活用した農業」
  仁科 弘重   日本学術会議第二部会員、愛媛大学理事
  高山 弘太郎  日本学術会議連携会員、愛媛大学・豊橋技術科学大学教授

 

 
  神谷 研二   日本学術会議中国・四国地区会議代表幹事、広島大学副学長
 


アクセス

山口大学吉田キャンパス

〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1 詳しくはこちら  キャンパスマップ

このページの先頭へ