|← 山口大学研究推進体TOPに戻る     
 

    

山口大学研究推進体について

■ 背景・目的

 平成16年度に創設した山口大学研究推進体は,「分野横断的,学際的プロジェクト研究を進める 山口大学独自の研究核として,世界水準の研究推進拠点,地域の課題研究推進拠点形成等」を基本的考え方とした制度です。 本学が目指している世界的研究拠点形成のための新たな研究推進体制構築に向けて,本制度創設5年経過を機に, 新たな視点で本学として目指すべき重点研究分野を中心に,優れたマネジメント能力を有する研究グループを山口大学研究推進体として認定し, 本学全体の研究能力向上を目指すとともに優れた研究成果を世界に発信することを目的としています

 

■ 研究推進体の性格  

  • 研究推進体は,世界水準の研究推進拠点や地域の課題研究推進拠点を形成しうる,分野横断的,学際的プロジェクト型研究体(認定期間は5年間)です。

  • 研究推進体の認定は,本学が目指すべき重点研究分野を中心に認定対象分野を予め指定して行います。平成24年度の認定対象分野は以下の 6分野です。

    @ 低炭素社会の実現に貢献する科学・科学技術を目指す研究組織
    A ライフサイエンス・医療分野のイノベーション創出を目指す研究組織
    B 山口の歴史・社会・文化さらには東(南)アジアの歴史・社会・文化の発展に貢献する科学を
       目指す研究組織
    C 持続可能社会の実現に貢献する科学を目指す研究組織

 
   D 環境情報,気候変動予測,防災等に貢献する科学技術を目指す研究組織
    E 山口大学創基200年の歴史から未来へと展開する文理融合型研究組織

  • 研究推進体は,本学教員の創意によって組織化される研究推進のための研究グループであって,研究推進体のリーダーは,目標・目的を達成するべく効果的なマネジメントを行うとともに,研究推進体のアクティビティ向上を図る責務を負います。

 

■果たすべき役割 

  • 研究推進体は,本学の研究核として学長が公式に認可した研究組織です。認可された研究推進体は,本学の“特徴ある研究核”として社会に広く認知されるように諸活動を進めること,その研究成果は,個別の発表はもとより,推進体組織としても外部発信することが求められています。

  • 研究推進体は可能な限り外部資金への応募を戦略的に進める必要があります。

  • この研究推進体を核にして,研究センター(研究所)の設置(時限設置)につなぐことも視野に入れています。認可される研究推進体の一部においては,将来の研究センター(研究所)化を視野に入れた活動推進が望まれています。

 

    【お問い合わせ先】  
  〒753-8511
     山口市吉田1677-1
    山口大学学術研究部研究推進課
   TEL:083-933-5967 FAX:083-933-5810

   E-mail: sh055@yamaguchi-u.ac.jp

                                                                   ↑ ページトップに戻る